第22回 全国中途失聴者・難聴者福祉大会 募集要項

060.gif060.gif
8月21日、
第22回 全国中途失聴者・難聴者福祉大会in奈良(まほろば大会)の
募集要項を、加盟協会と関係団体へ発送しました。

まもなく、みなさまのお手元に届くことと思います。

募集要項は、
奈良県中途失聴・難聴者協会のホームページにも
アップしておりますので、
必要な方は、こちらからプリントアウトしてください。040.gif

なお、ネットからのお申し込みは、9月1日より開始です。

こちらも、ご利用ください。040.gif

実行委員一同、多数のお申し込みをお待ちしております。003.gif





[PR]
# by naranancyo | 2016-08-21 20:38

まほろばちゃんでお出迎え

8月になりました。
奈良は、連日猛暑日です。064.gif064.gif
かと思ったら、ものすごい夕立が降ったり。057.gif

みなさんのお住まいの地域は、いかがですか。

先日は関東地方で、
大雨のため、新幹線が一時不通になったというニュースを聞きました。

かんかん照り、大雨・・・どちらにしても厳しい気象状況です。
どうぞ、ご自愛ください。

さて、11月の福祉大会の日、
奈良のスタッフは、おそろいのジャンパーを着て、
みなさまをお迎えいたします。
また、黄色い腕章をつけているのも、スタッフです。
困ったことがあれば、どうぞ気軽に声をかけてください。

難聴者は白のジャンパーで、胸にはまほろばちゃん
かわいいでしょ。016.gif
d0347965_22555504.jpg

















背中には耳マーク。
d0347965_22561581.jpg

















要約筆記者は、ネイビーのジャンパーを着用しています。
こちらも、胸にまほろばちゃん
d0347965_23191576.jpg





















難聴者は、「筆談してください」と書いてある腕章をつけています。
d0347965_22565127.jpg















d0347965_22571062.jpg



















要約筆記者は、「聞こえのサポーター」腕章をつけています。
書いて伝えるお手伝いをしますよ、という意味が込められています。
d0347965_22572626.jpg


















JR奈良駅近鉄奈良駅は、スタッフが道案内をします。

バスの乗り場がわからない、
会場へどうやって行けばいいの?

そういうときは、どうぞ気軽に声をかけてください。
優しく案内いたしますよ。


      060.gif      060.gif

8月4日、
香川から鎌田さんをお招きして、香川大会のお話を伺いました。

鎌田さんは、香川で難聴児(者)親の会の会長をされている方で、
イベント会社の社長さんでもいらっしゃいます。

機材のお話を中心に、事前準備のノウハウを教えていただきました。

香川大会でどういう準備をしたのか、
注意すべき点や配慮を要すること。
3日間の大会を通して、
式典、分科会、懇親会、観光、それぞれの場に必要な機材の種類や数、
セッティングの方法、スタッフの動き方、注意点など、
細かなところまでご指導くださいました。

お話を伺って、
全国大会を開催するって大変!
いろいろなことを想定して、準備しないと!
まだまだすべきことがたくさんあるのだな~
などなど、感じました。

でも、全国大会のような大きな大会に関わることって、
めったにあることではないんだもの。
楽しみながら、がんばろう!!003.gif

鎌田さん、遠いところをありがとうございました。
d0347965_22575196.jpg

















お盆を過ぎると、募集要項の発送作業に取りかかります。
今まで準備をしていたことが、実際に形になっていく時期に入り、
徐々に近づく大会に向けて、身も心も引き締まる思いです。

みなさん、どうぞ奈良に来てくださいね。
たくさんの参加をお待ちしています。056.gif







[PR]
# by naranancyo | 2016-08-05 20:16

談山神社(たんざんじんじゃ)

梅雨が明けました。
いよいよ夏本番です。058.gif

秋の大会に向けて、
実行委員一同、汗だくになって準備を進めています。

さて、今回ご紹介するのは、談山神社。
たんざんじんじと読みます。
今大会、1日観光コースのひとつにもなっている名所です。

d0347965_22165726.png















中臣鎌足(後の藤原鎌足公)と中大兄皇子(後の天智天皇)が、
大化の元年(645年)5月、
蘇我入鹿を滅ぼすための謀(大化の改新)を多武峰(とうのみね)で談じました。
後に、この山を、
「談い山(かたらいやま)」「談所カ森」と呼びました。
これが、談山神社の名前の由来です。

神社には、藤原鎌足公が祀られています。

境内には桜とカエデが豊かで、
春は桜秋は紅葉が素晴らしいところです。
福祉大会が行われる頃は、美しい紅葉が見られるでしょう。

d0347965_22314975.jpg



























↑写真階段下には、「けまりの庭」と呼ばれる庭があります。
中臣鎌足と中大兄皇子の出会いのきっかけは、けまりだったとか。
この出会いが、大化の改新につながったといわれています。


十三重塔(重要文化財)は、
藤原鎌足を弔うために建立した談山神社のシンボルです。
d0347965_22171436.jpg





















現存している建物は室町時代に再建されたもので、
木造十三重塔としては、世界唯一049.gifです。

d0347965_22321787.jpg


























拝殿から見える景色は神秘的。023.gif

拝殿下の鳥居をくぐると、
恋神社へと続く恋の道があります。053.gif

恋神社に祀られている鏡女王(かがみのおおきみ)は、
縁結びの神として祀られています。

鏡女王は、額田王の姉で、
藤原鎌足の妻だと伝えられています。
幸せな一生を送ったことから、
恋神社と呼ばれるようになったそうです。

恋神社には、むすびの岩座(いわくら)という石があります。
むすびの岩座には神が宿るといわれていて、
優しくなでながら祈願すると、願い事が叶うといわれているのだそうです。053.gif

恋愛、結婚、よりよい人間関係を結ぶご利益があるといわれています。
みなさんも、むすびの岩座に優しくタッチしてみてください。
いいことあるかも016.gif


























[PR]
# by naranancyo | 2016-07-19 23:33

子鹿公開

毎年5月から7月、奈良公園ではたくさんの鹿の赤ちゃんが誕生します。
この時期だけ、母子は共に春日大社境内の鹿苑(ろくえん)に保護されます。
そして6月1日から30日までの1ヶ月間、子鹿公開が開催されます。
残念ながら、今年の子鹿公開は終了しましたが
私、6月中旬に行ってきましたので
そのときの赤ちゃん鹿の様子を、少しですがご紹介いたします。

私が訪れた日は雨でしたが、たくさんの観光客で賑わっていました。


d0347965_22253954.jpg

























生まれて間もない赤ちゃん鹿は、ブロックの日よけの下に
集まっています。
ギュウギュウ、満員です。入れない子もいますよ~(>_<)




d0347965_22260631.jpg













傘は写っていませんが、パラソルの下に赤ちゃん鹿が
仲良く寄り添っています012.gif



d0347965_22252188.jpg

























木の横に寝そべっています037.gif
この木は赤ちゃん鹿の隠れ家用に、用意されているそうですよ





d0347965_22245382.jpg

























かわいいですね016.gif 自分の脚でしっかり立っています。



d0347965_22243627.jpg

























お母さん鹿のおっぱいを飲んでいます011.gif
後ろの鹿は何をしているんでしょう・・・ね?


7月に入ると赤ちゃん鹿は、お母さん鹿と一緒に
奈良公園に放たれるそうです。公園デビューですねo(^-^)o
奈良大会の開催される11月には
奈良公園周辺で、愛らしい子鹿に会っていただけますよ!



[PR]
# by naranancyo | 2016-07-10 23:04

大会マスコットのご紹介と参加費のご案内

第22回全国中途失聴・難聴者福祉大会in奈良
「まほろば大会」について、2つお知らせがございます。

1つめはまほろば大会のマスコットキャラクター
まほろばちゃんのご紹介です。


d0347965_10411619.jpg










 


060.gifまほろばちゃんです!よろしくね060.gif



奈良のシンボルである鹿に、難聴者の必需品
補聴器・人工内耳をイメージした角をアレンジしました。
福祉大会の後も、県難聴協のマークとしてかわいがってください012.gif

そして、2つめ。
まほろば大会の参加費についてです。
4500円に決定いたしました。
申し込みのご案内は、お盆過ぎにお届けする予定ですので
もうしばらくお待ちください。
(前後する場合もありますので、ご了承ください)
みなさん、ぜひご参加くださいね!








[PR]
# by naranancyo | 2016-06-26 18:19

歴史ロマンあふれる明日香村①

奈良県の中央部に位置する明日香村は、
飛鳥時代の遺跡なども多く、太古の歴史を感じることができます。
自然にも恵まれ、最近はかわいいカフェもたくさんできて
休日は大勢の人で賑わっています。
見所はいっぱいありますが、今回は石舞台古墳をご紹介します。

石舞台古墳は日本最大の方墳(四角形の古墳)です。
天井の上面が広く平らで、舞台のように見えるので
石舞台古墳と呼ばれています。
この古墳が誰のお墓であったのか?・・・諸説ありますが
聖徳太子と関わりの深かった蘇我馬子という説が有力です。


d0347965_13442255.jpg















この写真は、道路を挟んだ向かいの丘から撮りました。
入場料250円で、古墳の敷地に入れます。

    

d0347965_13443913.jpg















何度も、明日香村に遊びに行って向かいの丘から古墳を眺めていましたが、
今回初めて、入場料を払って間近で古墳を見ました!
穴を掘って、巨大な石でふたをしている感じです。




d0347965_13445725.jpg



























中にも入れますよ。ペットの犬も入れますので、わんちゃん連れの人も
たくさんおられました。
私もわんちゃんを連れて入らせていただきました。

5月のよく晴れた暖かい日でしたが、中はひんやりしています。
天井の石の隙間から、お日様の光が差し込んで
なんだか不思議な空間でした。




d0347965_13440011.jpg
















石舞台古墳
の周りは既存の棚田を活かした、芝生公園になっています。
こちらは入場無料。ペット可なので、みなさん座ってお弁当を食べたり
わんちゃんと遊んだり、楽しそうに過ごしていました。
私も大好きな公園です。

明日香村は外せない奈良の観光ポイントです。
まだまだたくさんの史跡や遺跡がありますので
次の機会にご紹介させいただこうと思います。





[PR]
# by naranancyo | 2016-06-01 13:57

奈良バーガー


“奈良にうまいもんなし”

長きにわたりそう言われ続けてきましたが、
奈良を代表するハンバーガーが誕生しました!

その名も “奈良バーガー”

d0347965_20573661.jpg












5月10日の朝日放送「おはよう朝日です」の番組で、
取り上げられた内容をご紹介します。

奈良バーガーは、お笑い芸人のたむらけんじさんが、
ハンバーガーで奈良を盛り上げようと発案したもの。

奈良産の食材を使って、
奈良らしいハンバーガーを考え出しました。

基本のルールがあり、そのレシピは公開されます。

奈良バーガーのルールは3つ。
1.パティは、大和牛(やまとうし)と郷(ごう)ポークを合挽すること
  この2つのお肉は甘みが強いのが特徴

2.ソースは、デミグラスソースと奈良漬けを合わせること
  奈良漬けをみじん切りすることで、
  奈良漬けが苦手という人も食べやすくしている

3.野菜は、奈良産のものを1つ以上使用すること

d0347965_21204532.jpg













この3つのルールを守りさえすれば、お店独自のアレンジは自由。
奈良バーガーの販売を希望するお店が、
自分のお店らしさをプラスして、独自のハンバーガーを売り出すという企画です。

奈良バーガーが食べられるお店は3店舗
奈良市 nagood(ナグッド)
王寺町 66☆BASE(ロクロクベース)
橿原市 Bon fire(ボンファイアー)

興味のある方は、ぜひ食べてみてください!!











[PR]
# by naranancyo | 2016-05-10 21:25

奈良の世界遺産

今回、みなさんにご紹介するのは、
薬師寺というお寺です。

福祉大会が行われる奈良市にあります。

薬師寺は、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の
病気平癒を祈願して、建立を発願されました。

710年の平城遷都のときに、飛鳥から現在地に移されました。

室町時代に東塔を除くすべての建物が焼けてしまいましたが、
昭和42年、高田好胤管主により、薬師寺復興が発願され、
お写経勧進により、失われた堂塔が次々と甦りました。
(薬師寺パンフレットより)

平成10年、古都・奈良の文化財としてユネスコ世界遺産
登録されました。
d0347965_00505056.jpg












薬師寺は、西塔・東塔・金堂・伽藍など
大きく8つの建築物からなっています。

順番に紹介しましょう。

西塔
d0347965_00283998.jpg

















屋根の数から六重の塔のように見えますが、
実は三重の塔です。

東塔
d0347965_00574780.jpg

















唯一創建当時より残っている建物として、美しさを保っています。
その高さは、34.1メートルで、日本で4番目の高さを誇っています。
現在、解体修理中で、しましまのテントに入っています。

金堂
d0347965_00330084.jpg













どっしりとした大きな建物。
屋根の鴟尾(しび)が金色に輝いています。

写経道場

d0347965_01041256.jpg











誰でも写経体験をすることができます。
道場の中はお香の香りが漂い、
静かで落ち着いた雰囲気です。

玄奘(げんしょう)三蔵院の入り口↓
d0347965_01122611.jpg











平山郁夫画伯の大唐西域壁画がお祀りされていて、
福祉大会の期間中、公開されています。

日本が誇る世界遺産
奈良のお寺といえば古いイメージがありますが、
薬師寺の建物は色鮮やかで美しく、
生き生きとしたものを感じます。

奈良にいらしたら、ぜひ訪れてほしいお寺のひとつです。



[PR]
# by naranancyo | 2016-04-06 01:27

東大寺 お水取り


さまざまなシーンで交わされるお天気の話題があります。

「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句がよく使われますが、
この時期、奈良では「お水取りが済むまではね」という言葉が交わされます。

3月は少し暖かくなったかなと思うと、寒の戻りがあったりして、
気候が定まりません。
奈良では、お水取りが済むまでは、春はやってこないとう意味で使われるのです。

「お水取り」というのは、東大寺二月堂で行われる行の一つで、
正確には「修二会(しゅにえ)」といいます。

          (東大寺二月堂)
d0347965_23221587.jpg















3月1日から14日まで本行が行われ、
お水取りが終わる頃には冬が明けていることから、
春を告げる行事ともいわれています。

心身を清めた練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる僧侶たちが、
十二面観音の前で宝号を唱え、荒行によって懺悔(ざんげ)をし、
天下泰平や五穀豊穣を祈る祈願法要です。

752年から始まったこの行事は、1回も途絶えることなく続き、
今年で1265回目となります。

東大寺は、福祉大会が行われる会場の近くにあります。
ぜひ、訪れてみてください。

         (東大寺大仏殿)
d0347965_23023150.jpg             
















          (鏡池に映る大仏殿)

d0347965_23231186.jpg                














          
      (大仏さま)

d0347965_23224829.jpg






















大仏さまに関する「らほつクイズ」もあるので、
挑戦してみてください。

d0347965_00190990.jpg

















さて、東大寺奈良公園には、鹿がたくさんいます。

d0347965_23242460.jpg
















奈良の鹿は、春日大社の神の使いとあがめられ、
天然記念物として保護されています。

街の中で、人と鹿が共生する姿はほほえましい光景です。

d0347965_23253540.jpgd0347965_23235294.jpg






























(ハグハグ)
d0347965_23233684.jpg
 














(あっち向いてホイ)
d0347965_23244918.jpg















 (遊ぼうよ)
d0347965_23251486.jpg















奈良の鹿に会いにきてください。
みなさん、お待ちしていま~す。




[PR]
# by naranancyo | 2016-03-07 23:47

奈良のみどころ

きらびやかな雰囲気とは縁遠い奈良。
そんな奈良を、じんわり紹介してみたいと思います。

2月の冬の夜、1週間にわたって開かれる
“しあわせ回廊 なら瑠璃絵“
今年は8日にオープニングセレモニーが行われました。

期間中は、春日大社・興福寺・東大寺がライトアップされ、
夜間特別拝観可 となります。
また、奈良国立博物館でも夜間特別開館され、
新館前では、ミストに映像がマッピングされる
ウォータープロジェクションが映し出されます。
ここからが、アートナイトのはじまりです。

東大寺さん門前の夜店を横目に東に向かうと
静かに光のアーチが立ち並び、
大和舟と親子鹿のオブジェ
奈良春日野国際フォーラムへ誘(いざな)ってくれます。

d0347965_11103450.jpg
d0347965_11110536.jpg
d0347965_11100442.jpg
そんな 国際フォーラム 甍~I・RA・KA~会場には
バレンタインマーケットとして飲食店や物販ブースが設けられており、
奈良特産である吉野本葛の入った「しあわせココア」の販売や
十津川温泉の足湯を楽しむことができます。

また、入り口で「花たんざく」を購入すると、
庭園イルミネーション「冬七夕ロード」内を歩き
冬七夕ツリーに花たんざくをかけることもできます。

d0347965_11110565.jpg
d0347965_11110590.jpg
壮観!!
d0347965_11110554.jpg
d0347965_11113485.jpg
d0347965_11110564.jpg
甍(いらか)会場を南に進むと、春日大社の参道につながります。
真っ暗な足下を照らしてくれるのは、光のバー。
瑠璃絵ナビゲーターの案内とともに進まれる方は
夜参り提灯で、すぐそばに迫る闇を感じていただくこともできます。

d0347965_11113502.jpg
…とそこに、浮かび上がる光が。
春日参道のミラーボーラーです。

d0347965_11110420.jpg
d0347965_11113478.jpg
決して派手ではないですが
今までとは違う何かにあえる空間となるでしょう。

最終日の14日は、奈良公園のバースディ。
2016年2月14日は、奈良公園136回目のお誕生日なのです。
バースディ花火が打ち上がり、
春日野園地では、ライヴも行われます。

d0347965_11332107.jpg
残り4日。
どうぞみなさま、いらしてみてくださいね。

[PR]
# by naranancyo | 2016-02-10 22:27


全難聴福祉大会in奈良


by naranancyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
パンとお菓子のレシピポータル『キッチン』

カテゴリ

最新の記事

以前の記事

外部リンク

その他のジャンル

画像一覧