<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

奈良のうまいもん

今回は、“奈良のうまいもん” をご紹介しましょう。

2月3日は節分。

節分には、豆まきをしたり、を食べたり。
最近では、恵方巻き(えほうまき)を食べる習慣も定着しつつあります。
その年に縁起がよいといわれている方角(恵方)を向き、
みんなの建康を願いながら、のり巻きを一息に食べるとよいとされています。

恵方巻きはのり巻きですが、奈良にもおいしいお寿司があるのをご存知?

柿の葉寿司(かきのはずし)といって、柿の葉に包んだ押し寿司です。

ネタの種類は、さば、さけ、たいなど。

    


奈良はまわりに海がなく、南部は山深い地形に覆われています。
また、柿の産地でもあります。

海から遠く離れた山里の人々にとって、海産物は大変貴重であり、
薄くすいた塩鯖をにぎり飯に添え、
裏山の柿の葉で包んで重石をきかせた柿の葉寿司は、
夏祭りのごちそうとして、
地域の集まりや家族の食卓には欠かすことのできない行事食でした。
200年以上の時を経てもなお、郷土料理として受け継がれている食文化なのです。

文豪、谷崎潤一郎が1936年ごろ吉野山を訪れたとき、
柿の葉寿司を食べて、こう評しました。

《鮭の脂と塩とが いい塩梅(あんばい)に飯にしみこんで、
 鮭はかえって生身のように柔らかくなっている工合が何ともいえない》

谷崎はいたく気に入り、
その夏はこればかり食べて暮らしていたと書き残したそうです。
柿の葉寿司、奈良に来られたら、ぜひご賞味あれ!!

福祉大会が行われる会場の近くにも、買えるお店がありますよ。
お土産に、おひとついかがですか?

[PR]
by naranancyo | 2016-01-27 20:24

奈良のええとこ

あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さあ、平成28年の幕開けです。
今年の11月26、27、28日には、
奈良県で全難聴福祉大会全国大会が行われます。

大勢のみなさんに来ていただきたい。
そんな思いを込めて、奈良のええとこをご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、橿原神宮です。
橿原神宮は、奈良県橿原市、畝傍山の南東麓にある神社で、
約50万平方メートルもの広大な神域に建てられた本殿と神楽殿が、
玉砂利の参道と背景となる深い森の緑と調和して、
厳かな雰囲気を生みだしています。

初代の神武(じんむ)天皇が、
橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき、
明治23年(1890年)に建てられました。
本殿と文華殿は重要文化財に指定されています。

また、橿原神宮は参拝客の多さでも知られています。
ちなみに、初詣客の数は全国第15位です。

本殿入り口には、巨大な絵馬がかけられており、
お正月には、この絵馬の前で記念撮影する参拝者の波が絶えません。
d0347965_21282000.png
本殿の近くには深田池(ふかたいけ)があり、
渡り鳥も多く生息しています。
d0347965_21321407.png
福祉大会が行われるのは奈良市が中心ですが、
ちょっと足を伸ばして橿原神宮を訪れてみませんか。






[PR]
by naranancyo | 2016-01-06 21:34


全難聴福祉大会in奈良


by naranancyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
パンとお菓子のレシピポータル『キッチン』

カテゴリ

最新の記事

以前の記事

外部リンク

その他のジャンル

画像一覧